モガミファイヤー21が行う自衛消防技術試験の準備講習は1日で終わります!

消防用設備設置

消防用設備設置

住宅用火災警報器の設置義務化について

平成18年6月1日より、すべての住宅に火災警報器の設置が義務付けられました!!

消防法及び各市町村条例により、すべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。
すでに新築住宅については平成18年6月1日から施行されており、既存住宅については各市町村条例により平成20年6月1日から平成23年6月1日までの間で設置義務化の期日が定められています。

背景

建物火災における死者のうち、約9割は住宅火災の犠牲者。
避難が迅速であれば被害を防げたケースも少なくありません。これを受け、一般住宅にも住宅用火災警報器の設置が義務付けられることになりました。火災の早期発見により住宅火災による犠牲者を減らし、市民の生命と財産を守ることを目的としています。

住宅用火災警報器とは

火災により発生する熱や煙を自動的に感知して、火災の発生を警報音または音声で知らせる装置です。
壁や天井に設置しておくことで、いち早く避難や初期消火を行うことができます。感度や警報音量が日本消防検定協会の基準に合格した警報機には、日本消防検定協会の鑑定マークが付いていますので、購入の際に目安としてください。

販売・設置について

皆様の安全のため、住宅用火災警報器を格安にて販売!!施行実績も豊富です。

(有)モガミファイヤー21では、各町会、自治会等の要望により、住宅用火災警報器の格安販売を実施しております。もちろん、設置工事もお任せください。これまでに、都営住宅に10,000個を設置したほか、荒川区役所からの依頼により一般住宅3,000世帯に設置した実績を誇っております。

その他の消防用設備等について

消火器

設置から8年以上経過した消火器はありませんか?

一般的に、消火器の耐用年数は8年程度。いざというときに役に立たないということのないよう、古くなった消火器は交換する必要があります。現在設置されている消火器に不安を感じたら、是非私たちにご連絡ください。

消火栓設置

消火栓設備の設置で、さらに効果的な防火対策を!

消防法により、防火対象施設への設置が義務付けられている消火栓設備。消火器で鎮圧できない規模の火災が発生した際、初期消火に役立ちます。消火栓設備の設置工事も、私たちにお任せください。